合宿免許は一人で参加できる|最適なプランを選ぼう

乗り物

参加の心得

免許証

学生時代、夏休みや就職休みなど長期休暇の時に合宿免許に参加したことがある人もいるでしょう。合宿免許では観光を楽しみつつ教習が受けられるので、毎年多くの人が参加しています。また、合宿免許には友達同士で参加できますが、大半の人は一人で教習を受けに来ています。一人で合宿免許に参加すると、場の雰囲気に馴染めるのかなど様々な不安が出てきますが、多くの参加者は合宿中に親睦を深めて打ち解けるので、自然と友達も増えるでしょう。また、最近は一人で参加する人専用の合宿プランもあるので、あまり気負いせずに気軽に合宿に参加しましょう。しかし、一人で合宿に参加する前は非常に緊張しているはずなので、事前にネットなどで参加の心構えや用意する物を確認しておくと、不安も解消されます。

合宿免許では、食事が付いているプランと自炊するプランがありますが、自炊が好きな人なら自分で料理を作った方がお得になる可能性があります。合宿中の生活スタイルや教習のカリキュラムなどを考えながら最適なプランを決めましょう。また、合宿中は都会から離れた郊外でしばらく生活することになるので、持ち物は慎重に考えましょう。必ず持っていくものは主に住民票や身分証明書、印鑑、筆記用具などです。あくまで目的は免許を取得することなので、教習を受けるために必要なものは忘れないようにしましょう。また、一人で参加するとなると娯楽用品を持って行きたくなりますが、現地で忘れてしまうと取り戻せないので、あまり効果な娯楽用品は持たないようにするべきです。